愛知銀行 カードローン「愛」は低額だがおトク

愛知銀行のカードローンの一つである「愛」は、定額の借入限度額ですがおトクです。

借入限度額は30万円と50万円で、専業主婦や低額の借り入れを望んでいる方とかをターゲットにしているものですが、

一番見るべき点は金利です。

通常の状態でも年13.0パーセントと他の銀行よりも安いわけではありますが、

愛知銀行と住宅ローン、住宅金融支援気候の利用、給与振込みなどの取引関係にある場合には金利の割引適用が受けられるものであり、

条件次第では最大で年3パーセントの金利の割引を受けることが可能となっています。

ですので、ちょっとだけお金をおトクに借入したいなというようなときには、愛知銀行のカードローンである「愛」は結構オススメです。

アルバイトでもキャッシングの審査は通るの?

あと少しの生活費が足りない、キャッシングを利用したいけど自分はアルバイトだから審査に通るか心配、と思っていませんか。キャッシングを利用するとき、アルバイトだからと不安になることはありません。アルバイトやパートでも、安定した収入があればキャッシングを利用することができます。

少額のキャッシングなら収入証明も必要なく、免許証などの身分証明書があれば申し込むことができます。ただ、審査を通りやすくするためにはアルバイトを始めてすぐに申し込むよりは、ある程度働いて安定した収入を毎月得るようになってからのほうがキャッシング会社の印象も良いようです。また、信用情報に問題がないことも審査が通るためには大切です。

京都銀行カードローンWを使うといい人について

京都銀行カードローンWを利用するのに向いているのは次のような人です。

まずは、営業エリアに住んでいて、口座を持っている方です。

営業エリアでないと利用が厳しいものですが、口座があれば来店不要ですので口座を持っている人は特におすすめです。

また、ある程度多めのお金を借入したい方も向いています。

京都銀行カードローンWは基本的な金利設定も低く、設定上金利が安くなる額もかなり低いですから

少額よりもそこそこ高めの額を借りる方にはちょうどいいでしょう。 どちらかといえば年収の安定性や勤続千数が多い人向けの側面もあります。

後は、借入までの期間が通常の銀行よりも長いですから、すぐに借り入れしなくても大丈夫な人の方がいいでしょう。

カードローン利用は個人情報に傷が付く?

カードローンを契約すると個人情報に傷が付くのでは?と心配される方がいます。例えば家のローンを組む時、銀行からカードローンを解約するように求められることがあるからです。ですから家を購入される時、カードローン利用が足かせとなる可能性はあります。

しかしマイホームという大きな買い物をされる方を除いは、それほど気にすることはありません。逆にクレジットカードを含めて全くローンの類を利用していないと、逆に個人情報が真っ白過ぎて審査に通らない可能性が高くなるのです。

ですから少なくとも30歳までにはクレジットカードを作成して、お買い物で利用することをオススメします。万が一カードローンを契約する際に、審査が有利働く可能性が高まります。

キャッシングでは利率の低さと審査通過率のどちらを優先するかも考えましょう

キャッシング会社を選ぶ時に、多くの人が気にするポイントが利率が低いかどうかです。

ですが消費者金融でも銀行系でも、利率の高さは審査の通りやすさにも直結しています。

例えば消費者金融は利率が18%で月ごとの新規成約率が46%前後を推移する会社が多いですが、最高利率が18%を下回るキャッシング会社では、成約率が45%を上回る月は年に1回歩かないか程度です。

特に銀行系カードローンは会社ごとの最高利率が大きく違うので、成約率が会社によって10%以上違うことも珍しくありません。

キャッシングをするなら利息は抑えたいのが心情ですが、審査に落ちて成約できなければ利率が低くても意味がないので、利率の低さか審査の通りやすさか、どちらを優先するべきかは考える必要があります。

100日間の無利息キャッシングを行っている消費者金融があります

ニチデンは決して大手とは言えませんが、大阪や奈良に3店舗を構えている関西地域ではそれなりに名前の通った消費者金融です。申込みは3つの店舗の店頭から直接行うか、ネットや電話でも可能です。関西地域だけでなく、全国どこからでも利用することができます。

このニチデンでは新規の利用者に何と100日間もの無利息期間を提供しています。レイクの180日間の無利息サービスも有名ですが、利用金額が5万円までに限られているのに対して、ニチデンの無利息サービスに利用金額の制限はありません。借りられる金額こそ最高でも50万円までですが、その50万円を借りたとしても契約日から100日間は無利息です。

また、ニチデンの金利は最高でも年利17.52%と、大手消費者金融と比較して安いところも特徴です。50万円を借りた場合、大手ではアコムやアイフルでは18%、プロミスでは17.8%になりますが、ニチデンならそれより安い金利で借りることができます。

全国に融資を行っていると言っても、もちろん中小の業者なので、サービス面ではとても大手に及びませんが、自慢の無利息期間の長さや金利の低さも考えると、50万円までの金額なら積極的に利用したい消費者金融の1つだと言っていいでしょう。

キャッシングの本人確認の電話をなくすには

キャッシングの審査では本人確認の電話が入る会社と、本人確認の電話をなくせる会社があります。
キャッシングの本人確認の電話をなくせる会社としては、プロミスやモビットが有名です。

プロミスは、インターネットから申し込むときにフル入力という申込方法を選んでパソコンから詳しく情報入力して送信すうと、本人確認の電話を省略できます。カンタン入力という方法を選ぶと情報入力は少なくなりますが本人確認の電話がかかってきます。

モビットの場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていて、なおかつ会社から発行された特定の健康保険証を持っていれば、WEB完結という申込方法が利用できます。WEB完結では、本人確認の電話もかかってきませんし、勤務先の在籍確認も電話ではなく書面で行われます。

こういう本人確認の電話をなくせるキャッシングは、家族に内緒で利用したい人におすすめです。本人確認の電話が入るとその会話を聞かれて家族や親にキャッシングのことがバレてしまいますが、本人確認の電話が省略できればその心配がありません。

そのほかにも、急いでいてこれからすぐに外出する用事があるといったときも、電話を待たなくてよいので本人確認の電話がないキャッシングがおすすめです。

学生でも申込み可能なおすすめカードローン

銀行や消費者金融から融資を受けるときは、借り入れの審査を受けなければならないので、各金融業者ごとに申込みができる基準が定められています。

多くの金融業者では収入を得ていることが借り入れの条件に定められていますが、現在の金融業者は多くの利用者を獲得するために積極的に融資を行っている会社が多くありますので学生でも借り入れができるカードローンがあります。

三井住友UFJ銀行カードローンのバンクイックは、契約を希望している本人に収入がない場合の学生であっても申込みができます。

低金利で即日融資も受けられるカードローンとなっており、学生の場合は親権者の同意があれば利用限度額10万円までの範囲内で借り入れ可能となっています。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても、問題なく借り入れることができます。

学生でも借り入れ可能なカードローンとしておすすめできるものには、楽天銀行スーパーローンもあります。

金利も低く、口座が無くても問題ありません。

パソコン、スマートフォンでインターネット上から簡単に申し込みができて、利用限度額が200万円を超えなければ源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書の提出をしなくても借り入れることができて便利です。

即日キャッシングというサービス

最近はキャッシングの需要もかなり多くなってきています。

銀行や消費者金融などがかなり力を入れているためですが、最近はサービスも向上してきました。

特に、キャッシングというのは困った人を助けられるものだと思っています。

いかに良く助けられるかを、追求した結果、即日キャッシングというものを可能にしてきました。

即日キャッシングとは、その名前の通り、登録から審査、契約までを一日で行い、即日、キャッシングが行えるというものです。

いままではキャッシングも慎重に審査されるのが当たり前でした。

そのため、登録から実際にキャッシングができるまでには数日かかっていました。

そんな常識を覆したのが即日キャッシングなわけです。

そこには、パソコンやスマホの発達が関係しているでしょう。

ここまで便利になったものが増えた中、キャッシングも進化していかないわけがありません。

うまくネットを利用してこの即日キャッシングを可能にしたのです。

初めての人にはこの凄さがわからないかもしれません。

しかし、これからキャッシングにお世話になるといったときに、数日もキャッシングをするまでに猶予がありますでしょうか?

きっと、本当に困ったときにキャッシングを考えるのですが、スピードが本当に必要です。

そんな、困った人を助けられる即日キャッシングをどうぞ実関してみてください。

総量規制対象外とは本来は規定されていない言葉である!

銀行カードローンやフリーローンは、インターネット上で検索をすると『総量規制対象外』という説明をよく目にします。あまりにも多く目にするため、法律で定められた言葉の様に思えますが、実際には法的な決まりはありません。現状、規定されているのは貸金業法における総量規制であり、この中に例外と除外という項目があるだけです。

つまり、総量規制対象外という言葉は、造語にしかありません。
そもそも、銀行ローンは総量規制対象外ではなく、大元の適用法律が異なるだけです。あくまで総量規制は貸金業法に定められる項目であり、銀行は貸金業法ではなく銀行法の適用となるため総量規制が該当しないだけになります。

では、総量規制対象外という言葉を実際に使用して良いかと言うと、過剰融資や借り入れに繋がる可能性や事実誤認ということに繋がるため、銀行側では使用していません。また、アフィリエイト契約を行っている銀行では使用禁止ワードとしているため、銀行にとっても認めていないものとなっています。

あたかも法に則ったものと考えてしまいますが、現実的なところグレーゾーンの言葉となっています。そのため、個人ブログや口コミでは使用を避ける必要があります。また、銀行カードローンやフリーローンはあくまで収入と返済能力のバランスを考慮して融資を行うこととなっています。そのため、返済能力に見合わない融資は受けられないため、総量規制対象外という言葉だけを信用してはいけません。

再び資金繰りがうまくいかなくなりました

私がキャッシングを利用したのは主人が経営していた商売の資金繰りであと少し足らなかった時でした。
返済を続けながらいましたが、再び資金繰りがうまくいかなくなりました。

ほんの少額ですが、スタッフの給料日に資金が足りなくなります。ほんの数日後には入金があります。
まさかスタッフに給料を待ってほしいと言えるわけもなく悩んでいました。

私のその時のキャッシング限度額では足りず、どうしようか悩んでいた時に、断られてもいいので「増額できませんか」一度聞いてみようと思いました。
簡単な審査の結果増額が可能になり本当に助かりました。

おかげさまで資金繰りも何とかなりスタッフにも要らぬ心配をかけることなく無事に過ぎていきました。
無事に返済も済ませることが出来ました。

銀行で普通に借り入れしようと思うとどうしても時間がかかります。揃える書類も必要になります。
何より恥ずかしいです。その点、キャッシングは何に使うか聞かれないし申し込んだ時間によっては、本日中に遅くても翌日午前中には入金されます。

本当に庶民の味方です。今では返済し終わり安心の中で暮らしています。
正直、借り入れ利息は高いです。ですが、返済のめどが直近にあれば利息も安心安く済みます。

キャッシング大手のモビットは他社とは違う特徴とは?

現在、キャッシングの利用を考えている人にとって意外と悩んでしまうのが、どこのキャッシング会社を利用したらよいのかということです。実際に、現在多くのキャッシング会社が顧客獲得のためにサービスを展開しています。さて、今日は大手のキャッシング会社であるモビットの他社にはない特徴を記したいと思います。

まず、モビットの特徴はWEBを利用して申込みから契約までできるということです。つまり、家にネット環境があるのであれば自宅にいながら外に出かける必要なく申込みから契約までできます。さらに、条件を満たしていれば面倒な本人への電話確認、職場への在籍確認もありません。まさに、利用者の利便性に特化したサービスを展開しているのがモビットです。

さらにどのような特徴があるのでしょうか。もうひとつは金利です。キャッシング会社はどこも金利が同じだと思っている人は大勢いますが、モビットは8つの金利プランを用意しています。それで、他社よりも低い金利で利用できる可能性があるのです。
以上、モビットの他社とは違う特徴を記しました。もちろん、大手のキャッシング会社なのでさらに提携しているATMが全国にあるといったような、大手ならではのサービスもあります。

キャッシングの返済方法とそれぞれのメリット

キャッシングを利用する際に忘れてはいけないのが返済です。利用する前にはしっかりとした返済計画を立てる必要があります。さて、実際にキャッシングの返済方法にはどのようなものがあるのでしょうか。今日はそのいくつかについて記したいと思います。

まず一般的なのは最寄の無人契約機を利用した方法です。この契約機は利用しているキャッシング会社専用のATMですので利用価値はあります。しかし、もし家の近くにない場合には面倒ですし、さらには誰かに利用しているのを見られてしまうという危険性もあります。

次に挙げる方法はコンビニなどの提携しているATMです。最近では大手のキャッシング会社であれば、大体どこのコンビニでもATMを利用できるようになっています。恐らく利用しやすいATMではないでしょうか。ただし、手数料が取られるところがほとんどですので、手数料に注意したいところです。

また、家のネットバンキングを使っても返済することができます。キャッシング会社によっては特定の銀行間のやり取りの場合には手数料が無料になることもありますので、確認しておくことをお勧めします。
最後は口座引き落としです。予め設定しておくと自動で引き落としてくれます。しかし、その場合には利用明細が届く可能性もありますので、注意しましょう。

学生でもできる!キャッシング!

 学生がキャッシングサービスを利用できるのだろうかと思ったことは一度はあると思います。学生でも彼女とのデートや、サークルの飲み会など何かと急な出費があることは珍しくありません。そういった場合に果たして利用できるのでしょうか?

 結論から言うと、アルバイトなどで借りようとしている額の10倍程度の収入があれば問題なく借りることができます。例えば月に10万円のバイト代をある程度継続して稼いでいるならば、1万円ぐらいまでなら借りることができます。返済能力があるからこそ、キャッシングサービスを使うことができると言えます。逆に10万しか稼いでいないのに100万円を借りようとしても、返済の見込みが立たないことから借りることはできません。自分の収入に見合った額を使うことが大切です。

アルバイトキャッシングって審査通るの?

正社員ならローンが組めるけど、アルバイトや派遣は銀行ローンは組めないのでは?と思う人もいることでしょう

しかし、最近は派遣社員やアルバイトの増加から、派遣やバイトでも安定した収入があれば正社員同様とみなし、銀行ローンを組める場合が増えてきました。銀行においても消費者金融においても審査時には年収を確認します。一般的には正社員に比べると、年収が低くなることや雇用打ち切りの可能性も否定できないことから借入限度額も低くはなってしまいます。

しかし、雇用している企業が安定企業であり、勤続年数が長いなどの場合は審査が通りやすくなります。

また、多重債務になればなるほど正社員よりも審査が厳しくなります。一般的には3社以上は厳しいと思った方がよいでしょう。

自分の収入や安定性を見ながら、きちんと判断してローンを考えていきましょう。

おまとめローンを賢く利用して債務を減らしていこう

あっちにもこっちにもお金を借りて、気が付くと多重債務になっており自分ではもうどうすることもできない。なんて悩みを抱えてしまった人は少なくありません。更に借りようとしても、総量規制にひっかかり新規ローンを組めなくなってしまうのです。

そんな時に役に立つのが「おまとめローン」です。おまとめローンは複数ローンの救済措置として作られたものであり、複数の債務者を一本化し、利息を少しでも減らすことで返済しやすくするローン商品です。そのため総量規制に達していても借入ができるようになっています。

おまとめローンも通常ローン同様に消費者金融よりも銀行の方が金利が低くなっています。しかし、銀行は過剰貸し付けが問題となり審査が以前より厳しくなりました。そのため額が大きくなる場合は、多少金利は高くても消費者金融の方が借りやすくなっています。

アルバイトの方が増額をするコツは?

アルバイトの方ですと、どうしても収入が多いわけではございませんので

増額をしようとしても難しいところがあると思います。

アルバイトの方が増額請求を通すためには、もうひとつ収入を増やす方法を探るか

アルバイトからの収入を増やすのが近道であると思います。

返済実績を作るだけでは、アルバイトの年収を考えると額によっては厳しいところがあるでしょう。

アルバイト自体の年収が少ないと、限度額というのは必然的に限られてきます。

ですので、限度額を増やすためにも年収をあげていくことが最も重要となるのです。

アルバイトがない時期や、アルバイト以外の空いた時間にでも何か新しいことをやってみてはいかがでしょうか?

借金返済以外でもかなり楽になる部分が大きくなると思われます。